Jヴィレッジから歩いて国立競技場を目指した話【第3話】

Jトラベル

いわき市と言えば いわきFC

たもさん。
たもさん。

ただただ歩くだけの旅の2日目
いわきFCフィールドを目指しました🔥

 2020年3月17日に勝手にスタートさせた「ひとり聖火リレー🔥」。大会?初日はいわき市内のホテルに宿泊。ただただ歩くだけではあまりにも面白味がないので、少しでもサッカーに関わっている場所に訪れようと考えました。そこで2日目は福島県いわき市をホームタウンにしている「いわきFC」の活動拠点である「いわきFCフィールド」を目指すのでした

 いまさらながら気づいてしまったのですが、オリンピックの「聖火リレー」ってタスキリレーしないんですね,,,知らなかった。そこはこだわらないんだ、競技じゃないんだから別にどうでも良いですね。でもそれって本気なスポーツ大会な感じがしないなと思ってしまいますけどね🤔

いわきFCフィールドを目指して

たもさん。
たもさん。

ルート検索すると距離的には歩けそうだな思うけど実際には高低差があるんですよね🚶

今回の旅は本当に天候に恵まれました。連日の晴天で「ひとり聖火リレー」するには絶好の天気でした👍
2日目のスタート地点は「いわき駅」。前日に特急から普通電車に乗り換えたのが、すでに遠い記憶になっていました😅

「いわき駅」の自由通路には「いわきFC」ののぼりが飾られていました。こういうのがあると日常生活の中にサッカーがあると思って、テンションが上がる私です😉

いざ、「いわきFCフィールド」に向けた道中に現実を教えてくれるありがたい案内板を発見。「東京まで199㎞」🌏
そうです。いつの間にか「200㎞」を切っていました。「時速20㎞で走ったら10時間で着くんだ」というどうても良いことを考える

市街地から湯本温泉を経由して「いわきFCフィールド」を目指します。グーグルでは伝わらない上り坂にも負けずに歩く,,,
そんな坂の上に現れたのは「いわきFC」のメインスポンサー企業であるドーム社の物流センター「ドームいわきベース」。ここではいわきFCの選手が普段勤務しているいるそうです

「ドームいわきベース」と同じ敷地内に、どどどーん!と「いわきFC PARK」。想像以上の施設でビックリしました。プロテインって凄い🤩
http://iwakifcpark.com/

いわきFC PARK」内には、アンダーアーマーの直営ショップがあり、「いわきFC」のオフィシャルショップも併設。
いわきFCフィールド」は、プレーする選手たちがうらやましいほどの素晴らしい施設でした⚽

出典:いわきFC 公式サイト

最高のランチと大盛りサンドのカフェ!

出典:いわきFC 公式サイト

「いわきFCフィールド」内にある「NISHI’S KITCHEN」を発見。このお店のシェフは、何とサッカー日本代表に帯同している「西芳照」さん!!!
まさか本人はいないよねと思って、気楽に入店したらまさかの本人と対面😂
とても気さくにお話頂き、「Jヴィレッジからてくてく歩いて国立競技場を目指してます」という話にも耳を傾けて頂きました。でも一緒に写真を撮るのを忘れてしまった,,,😢

私が注文したのは「四季彩弁当」。これで1,500円(税別)って!! コスパ最高の御膳でした🤩
現在は「いわきFCフィールド」から「鹿島ショッピングセンターエブリア」に移転してますので、ご注意ください⚠️
http://www.alpinerose.jp/

日も傾き、本日の宿までの長い道のりを進む道中、またもステキなカフェとの出会いがありました。ここは「COFFEE SPOT BREAK 植田店」☕
心身ともにヘロヘロになった状態でしたが、こんなカフェに出逢えるなんてサイコーです

ボリューム満点の「ミックスグリルサンド」と「ブレンドコーヒー」を注文して、1,600円ちょっとだったはず。お店のインスタでそのボリューム満点感を確かめてくださいhttps://www.instagram.com/break.since.1977/

【2日目】ひとり聖火リレールート

大会2日目の「ひとり聖火リレー」は、「いわきFCフィールド」に立ち寄ったので、ぐちゃぐちゃと歩きました。6時間ほどで「34km」、いわき市郊外の勿来(なこそ)市にある「ファミリーロッジ旅籠屋」に到着。この「旅籠屋」は現金のみでの支払いで貴重な現金「5,000円」を使ってしまいまいました💴2日目終了時点で現金が「3,000円」では、かなり不安に…😢

ゴールの「国立競技場」まで残り「180Km」ほど,,,この旅の続きはまた👋

タイトルとURLをコピーしました