「止めて蹴る」ってどうしたら良いの?

サッカー
たもさん。
たもさん。

「止めて蹴る」って簡単に言っていますがこれが一番難しい

これはサッカーにおける永遠の課題なのかもしれない

 サッカーやフットサルをしていると「止めて蹴る」という言葉をよく耳にします。みんな簡単にその言葉を口にしますが、それってどうすれば良いの?って聞いてもふわっとした答えが返ってくる事が多いです。「誰か教えてください!」ということでこの本を買いました。

「サッカー止めて蹴る解剖図鑑 」 風間 八宏 著

サッカー止めて蹴る解剖図鑑」は、基本中の基本である「止めて蹴る」に焦点をしぼった内容で構成されています。「足の感覚を可視化して「止めて蹴る」を極める」からはじまるこの本。いきなり風間節がさく裂します。「足の感覚を可視化」って何???
 本書を読むとサッカーやフットサルをする基本がイチから学べます。

  • 止める
  • 蹴る
  • 運ぶ
  • パス
  • メッシ解剖図鑑

「サッカー止めて蹴る解剖図鑑 」で学んだ「止める」

 本書で学んだ内容をさっくりと紹介していきます。そもそも足のどこで「止める」べきかを分かっていなかったようです。

✅【側面】ボールの中心より上の「点」に親指の付け根の「点」を合わせて静止させる
✅【正面】ボールの触るべき「点」はボールの上部

 ボールが右方向からくるとして「止める」を意識する場所は「ボールの中心より上」です。足のどこで触って良いのですが、一番安定感があるのは「親指の付け根」あたりだと。
 「ボールを「止める」ことができれば、「いま」ができます」。「いま」という時間をボールを持っている選手と味方選手で共有できれば、タイミング良いプレーができると風間氏は語ります。

「サッカー止めて蹴る解剖図鑑」で学んだ「蹴る」

 本書では「インサイドキック」「インステップ」「インフロント」「アウトサイド」「ロングボール」などが書かれていますが、詳細は本を読んでいただくとして,,,

 ここでは「インサイドキック」を紹介します。このキックが強く正確に蹴れればフットサルなどは問題なくプレーできると個人的には思います。
 ポイントは「くるぶしの下やカカトでボールの中心をとらえる」ことが出来れば、小さなモーションでもより速いパスが蹴れます。

✅ボールの横に立ち足を踏み込む
✅ボールの中心をとらえる
✅足のカカトに近い位置で蹴る

まとめ!「サッカー止めて蹴る解剖図鑑」

 タイトル通り「止めて蹴る」というサッカーでの基本的なことを学べる本でした。
 「はじめに」では裸足でボールを触る重要性が書かれてます。「やればやるほど確実に自分の感覚は磨かれ、技術に表れていきます」と。そして「おわりに」では「感覚が決定的に重要」だと締めています。
 今よりも少しでもサッカーやフットサルが上手くなりたい人はぜひ読んでみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッカー止める蹴る解剖図鑑 [ 風間 八宏 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/21時点)


タイトルとURLをコピーしました