どんだけゴール決まったの?!【天皇杯1回戦】

サッカー

「13-0」?!

たもさん。
たもさん。

今回で101回目大会となるサッカー天皇杯
1回戦で衝撃のゴール数、得点差となった試合が何と同時キックオフだった!

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の1回戦が、2021年5月第4週に全国各地で開催されました。学生、ユースや社会人といったアマチュアチームも多く参加するので、「Jリーグ」とは違ったサッカーの原点が感じられる大会です。現地観戦したい試合が多いのですが、同日に多くの試合を開催してしまうので、そこが最大の悩みの種です。

 1回戦は各クラブのSNSなどで、試合の雰囲気や試合経過を妄想して楽しんでいました。そんな中、東北地方で行われた2試合のスコアに衝撃が走りました!

えっ?! そんな試合結果になっちゃうの?!」
アマチュアチームとは言え、J3のチームを相手にしての「13失点」は驚くべき出来事です。
しかも同日同時刻13時キックオフの試合、やはりこれは検証せねばなりません。

天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 1回戦
2021年5月22日(日) 13:00 KO
グルージャ盛岡 13-0 大山サッカークラブ@いわぎんスタジアム
天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 1回戦
2021年5月22日(日) 13:00 KO

ヴァンラーレ八戸 13-0 猿田興業@プライフーズスタジアム
失点の経過を時系列にまとめました
岩手vs.大山   時間八戸vs.猿田   
前半キックオフ0-013:00前半キックオフ0-0
13:022分1-0
13:044分2-0
13:1111分3-0
14分1-013:14
20分2-013:2020分4-0
13:2626分5-0
13:2929分6-0
34分3-013:34
36分4-013:36
40分5-013:40
41分6-013:41
後半キックオフ(想定)6-014:05後半キックオフ(想定)6-0
14:0747分7-0
14:1656分8-0
59分7-014:1959分9-0
14:2363分10-0
68分8-014:28
70分9-014:30
14:3171分11-0
14:4282分12-0
84分10-014:44
85分11-014:45
14:4989分13-0
90分12-014:50
90+2分13-014:52
参照資料:JFA公式ホームページ

 「猿田興業」が開始早々に失点を重ね、11分で早くも3失点。しかし「大山サッカークラブ」も34分からの連続失点で何と前半終了時点では「6-0」と奇しくも同じスコアに!
 後半も開始直後の47分に失点をする「猿田興業」。その後も失点は続き、おそらく飲水タイムまでに「10-0」にされています。さらに飲水タイム明けの直後だと思われる71分にも失点。
 一方「大山サッカークラブ」は、試合終了が見えてきた84分から失点を続け、13失点目は後半アディショナルに決められます。そしていずれの試合も試合終了時も同じスコア「13-0」になりました。両チームは、記録上は20分と59分の同時に失点していますが、ほぼ同時にゴールが決まった時間が何回かあったのでは推理しちゃいます。

大山サッカークラブ?猿田興業サッカー部?

 「宇都宮徹壱」さんが書かれた全国のサッカークラブの取材をまとめた秀逸な作品「サッカーおくのほそ道」や「フットボール風土記」でもまだ書かれてない2クラブについて知りたくなりました。
 本来なら現地に行って、どんな選手や監督がどんな思いでどんな環境でどんなサッカーをしているのかを見に行きたいところですが、今回は自身の予備知識として調べてみることにしました。
 ちなみにこの本は、丁寧な取材の上 サッカー愛にあふれています。


大山サッカークラブ
設立年月日:1959年(昭和34年)
本拠地:山形県鶴岡市大山
所属リーグ:東北社会人リーグ2部
天皇杯出場:2大会連続2回目(前回大会 1回戦敗退)

昨年、天皇杯に初出場してのぞんだ「いわきFC」との1回戦。JFA TVの動画を見るとチャンスシーンは創り出していたようですが、決定力の差で負けた印象です。「大山 0-4 いわきFC

出典:JFATV
猿田興業サッカー部
設立年月日:1970年(昭和45年)
本拠地(本社):秋田県秋田市
所属リーグ:東北社会人リーグ1部
天皇杯出場:2大会連続2回目(前回大会 1回戦敗退)

初出場の前回大会、1回戦の相手は「ソニー仙台」でした。多くのシュートを浴びた試合で、ノーゴールでの3失点で敗戦でした。「猿田興業 0-3 ソニー仙台

出典:JFATV

天皇杯での最多ゴールを調べてみた

 2大会連続での出場となった「大山サッカークラブ」と「猿田興業サッカー部」。天皇杯での不名誉な記録を残したのかと思ったら、何ともっと失点しているチームがありました!!
 1958年(昭和33年)に開催された「第38回天皇杯全日本サッカー選手権大会」。その1回戦で対戦したのが、東北代表 初出場の「南部蹴球団」と関西代表の「関西学院大学体育会サッカー部」。
 この試合でのスコアは、さらに衝撃の「0-18
 これは天皇杯 本大会における1試合での1チームでの最多得点、最多得点差、合計最多得点試合の各大会記録で現在も破られていません。ちなみに「関西学院大学体育会サッカー部」は、同大会の決勝に進出して「八幡製鐵サッカー部」を破り優勝しています。


 大会最多得点記録にはあと5ゴール足りませんでしたが、「グルージャ盛岡」と「ヴァンラーレ八戸」には、敗退したチームのためにも今大会で旋風を巻き起こして欲しいものです。

天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 2回戦
2021年6月9日(水)19:00 KO
ベガルタ仙台 vs. グルージャ盛岡@ユアテックスタジアム仙台
天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 2回戦
2021年6月16日(水)18:00 KO

横浜FC vs. ヴァンラーレ八戸@ニッパツ三ツ沢球技場
タイトルとURLをコピーしました