J.league史の教科書 2000年

Jリーグ

Jリーグ8年(平成12年)

たもさん。
たもさん。

「川崎フロンターレ」と「FC東京」がJ1に初参戦⚽

 2000年シーズンは、「J1」と「J2」の2部制。「自動昇格」「自動降格」が「2枠」設定され、「J1」の年間順位の下位2チームと「J2」の上位2チームとで入れ替えになります。
 1999年に開幕した「J2リーグ」の初代優勝クラブとなった「川崎フロンターレ」と2位の「FC東京」の2クラブがJ1に昇格。「全16チーム」での戦いとなりました😃
 悲願の初昇格を果たした「川崎フロンターレ」でしたが、わずか「3勝」しか出来ず苦しいシーズンとなり、「京都パープルサンガ」と共にJ2降格になってしまいました😭

 フランス人監督「フィリップ トルシエ」に率いられた日本代表は国際舞台で強さを発揮します。9月に開催された「シドニーオリンピック」と10月開催の「AFCアジアカップ2000」に参戦。「シドニーオリンピック」でのアメリカとの準々決勝はPK戦で敗退しましたが、「AFCアジアカップ2000」ではサウジアラビアを下して優勝。1992年以来のアジア制覇となりました🏆

  • 鹿島アントラーズ
  • ジェフユナイテッド市
  • 柏レイソル 
  • FC東京 ← J1昇格(J2 2位)
  • ヴェルディ川崎
  • 川崎フロンターレ ← J1昇格(J2 優勝) → J2降格
  • 横浜F・マリノス
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパスエイト
  • 京都パープルサンガ → J2降格
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • サンフレッチェ広島
  • アビスパ福岡

J2リーグ 2年目

 「J2リーグ」2年目となる2000年の参加クラブは「11」での4回戦総当たりの全220試合。「浦和レッズ」と「湘南ベルマーレ」がJ1から降格し、JFLで好成績(3位)を収めた「水戸ホーリーホック」で行われました。参加クラブ数が「11」と奇数になったため、各節で1チームが試合がないという変則日程となり「全44節」が行わました⚽
 人気クラブの「浦和レッズ」の観客動員パワーが影響したのか、1999年は平均観客数が「4,596人」から「6,095人」と「約130%増」に!その「浦和レッズ」が1年でのJ1復帰を決める「サガン鳥栖」を迎えた最終節は、「駒場スタジアム」に満員の「20,207人」を動員しました😲

  • コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック  ← JFL3位
  • 大宮アルディージャ
  • 浦和レッズ  ← J2降格(15位)
  • 湘南ベルマーレ ← J2降格(16位)
    (2000年より「ベルマーレ平塚」から「湘南ベルマーレ」に改称)
  • ヴァンフォーレ甲府
  • アルビレックス新潟
  • サガン鳥栖
  • 大分トリニータ
出典:Jリーグ公式チャンネル

大会レギュレーション

 2000年シーズンのJ1は、16チームによる「ホーム・アンド・アウェー」2回戦総あたりの「2ステージ制」。1999年シーズンと同じく、勝ち点は90分勝利が「3」、延長戦勝利は「2」、引き分けの場合は両チームに「1」というレギュレーション⚽
 シーズン途中の9月に「シドニーオリンピック」と10月に「AFCアジアカップ2000」に参加したため、8月19日の2ndステージ第10節から2か月を超える中断期間が設けられました😃

 「オリジナル10」のひとつである「鹿島アントラーズ」が、リーグの年間チャンピオン、ナビスコカップ、そして天皇杯も優勝。Jリーグ史上初のシーズン「3冠」を達成しました🏆🏆🏆

  • 2000年3月11日~5月27日/6月24日~11月26日
  • 16チームによるホーム&アウェイの2回戦(ホーム&アウェイ 計240試合)
  • 2ステージ制
  • 1st 優勝:横浜F・マリノス
  • 2nd 優勝:鹿島アントラーズ
  • サントリーチャンピオンシップ (2000年12月2日@横浜国際総合競技場、12月9日@国立霞ヶ丘競技場)
    横浜F・マリノス vs. 鹿島アントラーズ
    第1戦 横浜FM 0-0 鹿島/第2戦 鹿島 3-0 横浜FM
  • 年間チャンピオン:鹿島アントラーズ(2年ぶり3度目)
  • MVP:中村俊輔(横浜FM)
  • 得点王:中山雅史/20ゴール(磐田)
  • 新人王:森崎和幸(広島)
  • 最優秀監督:西野朗(柏)
🏆第7回 ゼロックススーパーカップ優勝:ジュビロ磐田(初優勝)/準決勝:名古屋グランパスエイト
🏆第8回 ナビスコカップ優勝:鹿島アントラーズ(3年ぶり2度目)/準決勝:川崎フロンターレ
🏆第80回 天皇杯優勝:鹿島アントラーズ(3大会ぶり2度目)/準決勝:清水エスパルス
たもさん。
たもさん。

鹿島が2年ぶり3度目のリーグ優勝を飾りました🏆

出典:Jリーグ公式チャンネル

大会記録

  • 最多観客試合 50,399人
    2000年11月26日 2nd 第15節 鹿島 vs. 柏@国立霞ヶ丘競技場
  • 最小観客試合 2,738人
    2000年4月15日 1st 第7節 神戸 vs. V川崎@神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
  • 最多得点試合① 市原 6ー1 京都
    2000年3月11日 1st 第1節 @市原臨海競技場
    最多得点試合② C大阪 5ー2 V川崎
    2000年3月25日 1st 第3節 @長居スタジアム
    最多得点試合③ 市原 1ー6 神戸
    2000年3月25日 1st 第3節 @市原臨海競技場
    最多得点試合④ 京都 3ー4 福岡
    2000年5月3日 1st 第10節 @西京極総合運動公園陸上競技場
    最多得点試合⑤ 磐田 3ー4 広島
    2000年5月17日 1st 第13節 @ジュビロ磐田スタジアム
    最多得点試合⑥ 川崎F? 4ー3 C大阪
    2000年11月11日 2nd 第12節 @等々力陸上競技場
    最多得点試合⑦ 市原 4ー3 福岡
    2000年11月18日 2nd 第13節 @市原臨海競技場

川崎フロンターレ 初の決勝進出

たもさん。
たもさん。

現在の川崎フロンターレからは想像出来ない姿がありました😧

 2000年11月4日に「ヤマザキナビスコカップ決勝戦 川崎フロンターレ vs. 鹿島アントラーズ」が国立霞ヶ丘競技場で行われました。
 J1昇格1年目だった「川崎フロンターレ」は、2度の監督交代、選手の大幅な入れ替えなどチームは苦境に立たされていました。しかし「ナビスコカップ」では、「浦和レッズ」「柏レイソル」「ヴェルディ川崎」「京都パープルサンガ」に次々と勝利して、Jリーグタイトルを初の決勝進出を果たしました。決勝で「川崎フロンターレ」は、強豪の「鹿島アントラーズ」を前に準優勝。これが後に「シルバーコレクター」と揶揄されることになる歴史の1ページ目だったのです📝
 なおこの年の大会レギュレーションは、J1とJ2の全27クラブで、全ての試合が「ノックアウトトーナメント方式」で行われました。1回戦から準決勝までを「ホーム・アンド・アウェー」で試合を行い、2試合の合計点数で勝敗を決めるという見応えある大会でした🏆

2000Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 決勝
川崎フロンターレ 0-2 鹿島アントラーズ
鹿島:中田浩二(31分)/ ビスマルク(63分)
2000年11月4日@国立霞ヶ丘競技場/26,992人
出典:Jリーグ公式チャンネル

幻の川崎ダービー

 1999年の「天皇杯全日本サッカー選手権大会」で初対戦。2000年からは「川崎フロンターレ」がJ1に昇格したため、当時J1だった「ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)」とのリーグ戦での「川崎ダービー」が行われました🔥
 対戦数はわずかに5回で「川崎フロンターレ」の「1勝2分2敗」。しかし「川崎フロンターレ」が1シーズンでのJ2降格。「ヴェルディ川崎」はこの年限りでホームタウンを神奈川県川崎市から東京都に移転。チーム名も「東京ヴェルディ1969」としたため「川崎ダービー」はこの年に消滅しています💣

川崎フロンターレ
<1勝2分2敗>
ヴェルディ川崎

タイトルとURLをコピーしました