J.league史の教科書 1997年

Jリーグ

Jリーグ5年(平成9年)

たもさん。
たもさん。

「ジョホールバルの歓喜」で日本中がサッカーによって熱狂しました⚽🌋

 1997年シーズンは、Jリーグ準会員だった「ヴィッセル神戸(川崎製鉄水島サッカー部(87年に川崎製鉄サッカー部に改称))」がJFL2位になり「全17チーム」という史上初の奇数チームによるリーグ戦になりました。ちなみにJ1が奇数になったのはこの年が最初で最後です。

 この年11月16日「ジョホールバルの歓喜」が起こります。日本代表が「FIFAワールドカップ アジア最終予選 第3代表決定戦」でイランに勝利して、長年の悲願だった「FIFAワールドカップ」の初出場を決めたのです。「11月16日」は国民の休日にしても良いくらいの熱狂と歓喜が日本中を駆け巡りました🎊🎊🎊

 日本代表の活躍は世間を賑わせましたが、Jリーグ人気の低迷が止まりませんでした。開幕した93年の1試合あたりの平均観客数は「17,976人」。しかし翌94年の「19,598人」でピークアウトして、97年はついに「10,131人」と過去最低の数字になってしまいました😭

  • 鹿島アントラーズ
  • 浦和レッズ
  • ジェフユナイテッド市
  • 柏レイソル 
  • ヴェルディ川崎
  • 横浜マリノス
  • 横浜フリューゲルス
  • ベルマーレ平塚
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパスエイト
  • 京都パープルサンガ
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸(JFL2位)
  • サンフレッチェ広島
  • アビスパ福岡

大会レギュレーション

 1997年シーズンは2年ぶりに「2ステージ制」が復活。ただし95年シーズンまでのステージごとの「ホーム・アンド・アウェー」での2回戦総当りではなく、1回戦総当たり(17節×2ステージ)が採用されました。このため各ステージでホームでしか対戦しない相手、アウェーでしか対戦しない相手が発生。奇数チームでのリーグ戦のため、各節につき1チーム 試合がありませんでした。

 リーグ戦は引き続き「完全決着方式」を採用しましたが、96年の「鹿島アントラーズ」が「PK戦負け」の数の差で優勝したこともあり、勝ち点配分の見直しが行われました。その見直しにより、90分勝ちが「勝ち点3」、Ⅴゴール勝ちが「勝ち点2」、PK勝ちが「勝ち点1」に改正。負けた場合はいずれの場合も「勝ち点0」になりました。また97年シーズンから「背番号固定制」となった。
 リーグ戦の冠スポンサーは無くなりましたが、「Jリーグチャンピオンシップ」は、サントリーが冠スポンサーとなり「サントリー・チャンピオンシップ」の名称で開催された。

 この年の1stステージが4月12日開幕、7月12日閉幕、2ndステージが7月30日開幕、10月4日閉幕と約半年間で全34節をこなす過密日程でした。

 これは3月に「アジア1次予選」(日本とオマーンでの「ダブルセントラル開催方式」)、11月に中立地で「アジア最終予選」の開催が予定されていたため。しかし開催地をめぐって対立が起き、互いに譲り合わなかったため、最終予選開幕直前に「ホーム・アンド・アウェー方式」に変更された。といった事情がありレギュラーシーズン最終節がJリーグ史上最も早い10月4日となりました。

  • 1997年4月12日~10月4日
  • 17チームによるホーム&アウェイの2回戦(136試合×ホーム&アウェイ 計272試合)
  • 2ステージ制
  • 1st 優勝:鹿島アントラーズ
  • 2nd 優勝:ジュビロ磐田
  • サントリーチャンピオンシップ (1996年12月6日@ジュビロ磐田スタジアム、12月13日@カシマサッカースタジアム)
    鹿島アントラーズ vs. ジュビロ磐田
    第1戦 磐田3(延長)2鹿島/第2戦 鹿島0-1磐田
  • 年間チャンピオン:ジュビロ磐田(初優勝)
  • MVP:ドゥンガ(磐田)
  • 得点王:パトリック・エムボマ/25ゴール(G大阪)
  • 新人王:柳沢敦(鹿島)
  • 最優秀監督:ジョアン・カルロス(鹿島)
🏆第4回 ゼロックススーパーカップ優勝:鹿島アントラーズ(初優勝)/準決勝:ヴェルディ川崎
🏆第5回 ナビスコカップ優勝:鹿島アントラーズ(初優勝)/準決勝:ジュビロ磐田
🏆第77回 天皇杯優勝:鹿島アントラーズ(初優勝 ※前身時代を含む)/準決勝:横浜フリューゲルス

大会記録

  • 最多観客試合 38,707 人
    97年4月19日 1st 第3節 浦和 vs. 広島@国立霞ヶ丘競技場
  • 1試合あたり平均観客数 10,131人
    ※J1リーグ最低となる平均観客数を記録
  • 最多得点試合 ベルマーレ平塚 7ー4 柏レイソル
    平塚:ロペス2、反町隆史、中田英寿、クラウジオ、坂井浩、岩本輝雄
    柏:エジウソン、ジャメーリ2、シルバ
    97年7月30日 2nd 第1節 平塚 vs. 柏@平塚競技場
  • Jリーグ通算 4,000ゴール 横山貴之(C大阪)
    97年8月23日 2nd 第7節 ガンバ大阪 vs. セレッソ大阪@万博記念競技場

闘将・ドゥンガと共にジュビロの初優勝へ

 97年9月24日「2nd 第14節 ジュビロ磐田vs.ガンバ大阪@ジュビロ磐田スタジアム」💥
 2ndステージの優勝争いを繰り広げていた「ジュビロ磐田」と「ガンバ大阪」が直接対決。
 ブラジル代表のキャプテン 闘将・ドゥンガを擁するジュビロ磐田。対するは「ガンバ大阪」は、カメルーン代表のパトリック・エムボマ。そして若き稲本潤一や松波正信らも出場したこの試合。延長戦での劇的なドゥンガのⅤゴールが決まり、初優勝への道のりを進んでいくのでした🏆

出典:Jリーグ公式チャンネル

「浪速の黒豹」デビュー戦でスーパーゴール!

 カメルーン代表として活躍していた「パトリック・エムボマ」💣
 数々のスーパーゴールをJリーグで披露してくれた彼の異名は「浪速の黒豹」。Jデビュー戦の「1st 第!節 ガンバ大阪vs.ベルマーレ平塚」で万博で魅せたゴールはもはや伝説ものです(97年4月12日)

出典:Jリーグ公式チャンネル
タイトルとURLをコピーしました