J.league史の教科書 2005年

Jリーグ

Jリーグ13年(平成17年)

たもさん。
たもさん。

J1は18チームに拡大 そして1ステージ制でのリーグ戦🏆

2005年シーズンから「J1」が「18」に拡大。「J1」17位と18位は翌シーズンから「J2」へ「自動降格」、16位は「J2」の3位と「J1・J2入れ替え戦」を戦います。昇格チームは 2度目となるJ2優勝した「川崎フロンターレ」と2位の「大宮アルディージャ」が初昇格😃ちなみにこのシーズンから「ジェフユナイテッド市原」のクラブ名を「ジェフユナイテッド市原・千葉(呼称は「ジェフユナイテッド千葉」)」に変更しました📝

2006FIFAワールドカップ・アジア最終予選」「FIFAコンフェデレーションズカップ2005」(ドイツで開催)との日程調整のため5月14日、15日の第12節で一旦中断。再開後の7月2日、3日の第13節から、7月23日、24日の第18節までの6試合を「HOT」と題して開催。その後1ヶ月近い中断期間があり、8月20日、21日の第19節から再開しました⚽

  • 鹿島アントラーズ
  • 浦和レッズ
  • 大宮アルディージャ ← J1昇格(J2 2位)
  • ジェフユナイテッド千葉 ← 【名称変更】ジェフユナイテッド市原
  • 柏レイソル 
  • FC東京
  • 東京ヴェルディ1969
  • 川崎フロンターレ ← J1昇格(J2 優勝)
  • 横浜F・マリノス
  • アルビレックス新潟 
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパスエイト
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • サンフレッチェ広島
  • 大分トリニータ

J2リーグ 7年目

2005年シーズンの「J2リーグ」は、「J1」のチーム数拡大にともない降格がなく、JFLから「徳島ヴォルティス(大塚製薬)」と「ザスパ草津」が昇格。「12クラブ」による4回戦総当たりによる「全44節」で行われました⚽
京都パープルサンガ」が2001年以来2度目となる優勝でJ1昇格。2位は2001年以来2度目の昇格となる「アビスパ福岡」。「J1・J2入れ替え戦」に出場できる3位には「ヴァンフォーレ甲府」✅

  • コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック
  • ザスパ草津 ← J2昇格(JFL3位)
  • 横浜FC
  • 湘南ベルマーレ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 京都パープルサンガ 
  • 徳島ヴォルティス  J2昇格(JFL1位)※大塚製薬サッカー部
  • アビスパ福岡
  • サガン鳥栖

大会レギュレーション

2005年シーズンの「J1」は、18チームによる「ホーム・アンド・アウェー」2回戦総あたりの「1ステージ制」に変更。前後半90分で勝敗が決しない場合は引き分けとし、両チームに勝ち点1ずつを与えられ、最終順位は勝ち点、得失点差、総得点で決めます⚽

1シーズン制に移行したことにより、「Jリーグチャンピオンシップ」がなくなり、全34試合の勝ち点の合計で優勝を決める方式になりました✅ 「J1」で17位と18位は翌シーズンから「J2」へ自動降格、16位は「J2」3位と「J1・J2入れ替え戦」を戦うことになりました🔥

最終節は5チームに優勝の可能性が残る大混戦。唯一自力優勝の可能性が残る「セレッソ大阪」が「FC東京」をホーム・長居に迎え、後半ロスタイムまで1点リードしていたが、同点ゴール(今野泰幸)を決められ優勝を逃した。一方、「川崎フロンターレ」とのアウェイ(等々力)で対戦。その試合に勝利した「ガンバ大阪」が、クラブ創設以来 初となるのタイトルを獲得しました🏆

J1・J2入れ替え戦 」は、「J1」16位の「柏レイソル」と「J2」3位の「ヴァンフォーレ甲府」がホーム&アウェイで対戦。第1戦は試合終了間際に停電による約35分間中断、そして第2戦では甲府の「バレー」が1試合6ゴールと大爆発するという話題が多い試合でした🌋なお2戦とも勝利した甲府がクラブ史上初となる「J1」昇格を決めました🤓

  • 2005年3月5日~5月15日/7月2日~7月24日/8月20日~12月3日
  • 18チームによるホーム&アウェイの2回戦(ホーム&アウェイ 計306試合)
  • 1ステージ制
  • 優勝:ガンバ大阪(初優勝)
  • MVP:アラウージョ(ガンバ大阪)
  • 得点王:アラウージョ/33ゴール(ガンバ大阪)
  • 新人王:カレン・ロバート(磐田)
  • 最優秀監督:西野朗(ガンバ大阪)
🏆第12回 ゼロックススーパーカップ優勝:東京ヴェルディ1969(10年ぶり3度目)/準決勝:横浜F・マリノス
🏆第13回 ナビスコカップ優勝:ジェフユナイテッド千葉(初優勝)/準決勝:ガンバ大阪
🏆第85回 天皇杯優勝:浦和レッズ(25年ぶり5度目 ※前身時代を含む)/準決勝:清水エスパルス
たもさん。
たもさん。

ガンバ大阪がクラブ史上初となる優勝を成し遂げました🏆

出典:Jリーグ公式チャンネル

大会記録

  • 最多観客試合 55,476人
    2005年5月1日 第9節 浦和 vs. 名古屋@さいたまスタジアム2〇〇2
  • 最小観客試合 3,267人
    2005年4月13日 第5節 東京Ⅴ vs. 広島@味の素スタジアム
  • 最多得点試合① 名古屋 5ー4 東京ヴェルディ
    2005年4月28日 第8節 @瑞穂陸上競技場
  • 最多得点試合② 鹿島 7ー2 新潟
    2005年8月24日 第20節 @カシマサッカースタジアム
  • Jリーグ通算 10,000ゴール 前田雅文(ガンバ大阪)
    2005年5月8日 第11節 @万博記念競技場

ジェフ千葉 初タイトル

2005年11月5日 国立競技場で旧ユーゴスラビア代表選手であり名監督だった「イビチャ・オシム」監督に率いられた「ジェフユナイテッド千葉」はクラブ史上初となるタイトルを掲げた🏆
その後、日本代表監督に招聘されることになるのだが、オシム監督の「ジェフユナイテッド千葉」が、「考えて走るサッカー」を体現してさらに強くなり タイトルを総なめするのを観てみたかったというファン・サポーターは多いはずです🤔

2005Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝
2005年11月5日(土) 13:07 KO
ジェフユナイテッド千葉 0-0 ガンバ大阪@国立競技場
【先】G大阪:遠藤保仁 × / アラウージョ 〇 / シジクレイ 〇 / 大黒将志 〇 / 山口智 〇
千葉:阿部勇樹 〇 / 水野晃樹 〇 / 工藤浩平 〇 / 林丈統 〇 / 巻誠一郎 〇
出典:Jリーグ公式チャンネル

本田圭佑 J初ゴール!!!

たもさん。
たもさん。

本田圭佑 記念すべきJ初ゴール

2005年4月28日に瑞穂陸上競技場で行われた「名古屋グランパスエイト vs. 東京ヴェルディ1969」で、世界のスーパースター「本田圭佑」がJ初ゴールを決めています⚽
今となっては「Jリーグ」 で活躍していた姿を記憶していない人が多いとは思いますが、彼のプロキャリアのスタートは「Jリーグ」なんです。赤シャチのユニフォーム姿、そして背番号「24」というとても貴重な映像ですね📝

出典:Jリーグ公式チャンネル
タイトルとURLをコピーしました