J.league史の教科書 2004年

Jリーグ

Jリーグ12年(平成16年)

たもさん。
たもさん。

3シーズンぶりのチャンピオンシップ開催。そしてアジアカップ連覇🏆

2004年シーズンも「J1」と「J2」の2部制。2005年シーズンよりJ1が「16」から「18」に拡大することに伴い 「自動降格」がなくなりました。総合順位最下位(16位)のクラブが、J2の3位と「入れ替え戦」を行いました。昇格チームは J2を初優勝して初のJ1昇格を決めた「アルビレックス新潟」と1シーズンでの復帰した 「サンフレッチェ広島」😃

1stステージの閉幕から2ndステージの開幕までおよそ1ヶ月が中断期間に。「日本代表(ジーコジャパン)」は中国で開催された「AFCアジアカップ2004」に出場⚽決勝に進出した日本代表は、開催国の中国代表を破り、2大会連続3度目となるアジア王者に輝きました🏆

  • 鹿島アントラーズ
  • 浦和レッズ
  • ジェフユナイテッド市
  • 柏レイソル 
  • FC東京
  • 東京ヴェルディ1969
  • 横浜F・マリノス
  • アルビレックス新潟 ← J1昇格(J2 1位)
  • 清水エスパルス
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパスエイト
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • サンフレッチェ広島 ← J1昇格(J2 2位)
  • 大分トリニータ

J2リーグ 6年目

2004年シーズンの「J2リーグ」は「ベガルタ仙台」と「京都パープルサンガ」が降格。「12クラブ」による4回戦総当たりによる「全44節」。「川崎フロンターレ」が1999年シーズン以来2度目の優勝でJ1昇格。勝ち点は驚愕の「105」(34勝3分7敗)。得点王となった川崎のジュニーニョは出場39試合で「37」ゴール⚽2位は「大宮アルディージャ」で初のJ1昇格を決めました👆

  • コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台 ← J2降格(15位)
  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック
  • 大宮アルディージャ
  • 川崎フロンターレ
  • 横浜FC
  • 湘南ベルマーレ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 京都パープルサンガ ← J2降格(16位)
  • アビスパ福岡
  • サガン鳥栖

大会レギュレーション

2004年シーズンの「J1」は、16チームによる「ホーム・アンド・アウェー」2回戦総あたりの「2ステージ制」。前後半90分で勝敗が決しない場合は引き分けとし、両チームに勝ち点1ずつを与えられ、最終順位は勝ち点、得失点差、総得点で決まる⚽

2005年シーズンからJ1クラブ数拡大に伴いJ2への自動降格が無し。総合順位16位の「柏レイソル」と J2の3位の「アビスパ福岡」が入れ替え戦を行いました。2連勝した「柏レイソル」がJ1残留🤭

  • 2004年3月13日~6月26日/8月14日~11月28日
  • 16チームによるホーム&アウェイの2回戦(ホーム&アウェイ 計240試合)
  • 2ステージ制
  • 1st 優勝:横浜F・マリノス
  • 2nd 優勝:浦和レッズ
  • 年間チャンピオン:横浜F・マリノス(2年連続3度目)
  • MVP:中澤佑二(横浜FM)
  • 得点王:エメルソン/27ゴール(浦和)
  • 新人王:森本貴幸(東京V)
  • 最優秀監督:岡田武史(横浜FM)
🏆第11回 ゼロックススーパーカップ優勝:ジュビロ磐田(2大会連続3度目)/準決勝:横浜F・マリノス
🏆第12回 ナビスコカップ優勝:FC東京(初優勝)/準決勝:浦和レッズ
🏆第84回 天皇杯優勝:東京ヴェルディ(8年ぶり5度目 ※前身時代を含む)/準決勝:ジュビロ磐田
たもさん。
たもさん。

3シーズンぶりの開催となったチャンピオンシップは PK戦にまでもつれ込む熱戦となりました⚽

大会記録

  • 最多観客試合 58,334人
    2004年10月17日 2nd 第9節 浦和 vs. 横浜FM@さいたまスタジアム2〇〇2
  • 最小観客試合 4,429人
    2004年4月14日 1st 第5節 G大阪 vs. 市原@万博記念競技場
  • 最多得点試合① G大阪 6ー3 神戸
    2004年5月22日 1st 第11節 @万博記念競技場
  • 最多得点試合② 浦和 7ー2 東京ヴェルディ
    2004年8月21日 2nd 第2節 @さいたまスタジアム2〇〇2
  • 最多得点試合③ G大阪 6ー3 新潟
    2004年11月6日 2nd 第12節 @万博記念競技場
  • Jリーグ通算 9,000ゴール 斎藤大輔(市原)
    2004年3月13日 1st 第1節 @神戸ウイングスタジアム

森本貴幸 J1初ゴール!!!

たもさん。
たもさん。

新人王にも輝いた森本貴幸 🏆

2004年5月5日 味の素スタジアムで「東京ヴェルディ1969」の「森本貴幸」が、15歳(11か月28日)歳でJリーグ初ゴール⚽現時点でこのゴールはJ1リーグの最年少ゴールとして記録されています📝

出典:Jリーグ公式チャンネル
タイトルとURLをコピーしました