J.league史の教科書 2021年

Jリーグ

J28年(令和3年)

たもさん。
たもさん。

コロナ禍での異例のシーズン J1は過去最多の20チーム

2021年は新型コロナウイルスの影響により「J1」がリーグ史上最多となる「20」での戦い、下位「」チームが自動降格するという異例のシーズンに。「J2」は「22」チームのままでしたが、2シーズン連続で「J1・J2入れ替え戦」は実施されず。さらにJ2の3位から6位によって争われる「J1参入プレーオフ」 も行いませんでした🤔

昇格チームはJ2初優勝、そして7シーズンぶり2度目のJ1挑戦となる「徳島ヴォルティス」と2位で2016年以来5シーズンぶりの昇格となった「アビスパ福岡」。過去3回は1シーズンで降格しているので初の残留を目指しました😃

この年の夏、1年の延期を経て開催された「東京オリンピック」の「男子サッカー」に森保一監督率いる「U24日本代表」が出場しました。2012年のロンドン五輪以来となる「4位」という結果に終わりました⚽

  • 北海道コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • 鹿島アントラーズ
  • 浦和レッズ
  • 柏レイソル 
  • FC東京
  • 川崎フロンターレ
  • 横浜F・マリノス
  • 横浜FC
  • 湘南ベルマーレ 
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパス
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • ヴィッセル神戸
  • サンフレッチェ広島
  • 徳島ヴォルティス ← 昇格(J2 優勝)
  • アビスパ福岡 ← 昇格(J2 2位)
  • サガン鳥栖
  • 大分トリニータ

J2リーグ 23年目

2021年シーズンの「J2」は、J3リーグで2度目の優勝を飾った「ブラウブリッツ秋田」がJ2初昇格(20年はJ2ライセンスがなく昇格できず)と 2位の「SC相模原」もクラブ史上初の昇格。全「22」チームによる2回戦総当たりによる「全42節」で行われました⚽


ジュビロ磐田」が2019年以来 3シーズンぶりとなるJ1昇格を優勝で決めて、2位の「京都サンガF.C.」が2010年以来 12シーズンぶりとなる昇格を決めました。一方、「J3」降格となってしまったのは、「SC相模原」「愛媛FC」「ギラヴァンツ北九州」「松本山雅FC」の4チーム📝

  • ブラウブリッツ秋田  昇格(J3優勝)
  • モンテディオ山形
  • 水戸ホーリーホック
  • 栃木SC
  • ザスパクサツ群馬
  • 大宮アルディージャ
  • ジェフユナイテッド千葉
  • 東京ヴェルディ
  • FC町田ゼルビア
  • SC相模原  昇格(J3 2位
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 松本山雅FC
  • アルビレックス新潟
  • ツエーゲン金沢
  • ジュビロ磐田
  • 京都サンガF.C. 
  • ファジアーノ岡山
  • レノファ山口FC
  • 愛媛FC
  • ギラヴァンツ北九州
  • V・ファーレン長崎
  • FC琉球

大会レギュレーション

2021年シーズンの「J1」は、20チームによる「ホーム・アンド・アウェー」2回戦総あたりの「1ステージ制」。前後半90分で勝敗が決しない場合は引き分けとし、両チームに勝ち点1ずつを与えられ、最終順位は勝ち点、得失点差、総得点で決定します⚽

連覇を狙う「川崎フロンターレ」。中村憲剛引退、夏に主力級の三苫薫や田中碧が移籍するなど戦力ダウン、ACL出場による過密日程などが懸念されましたが、リーグでは無双の強さを見せつけ、4節残した第34節の浦和戦で2シーズン連続4度目の優勝を飾りました🏆

優勝争いが盛り上がりを欠いた一方、残留争いがし烈になりました。降格が「」という鬼のレギュレーションで戦うチームに多くのチームが、その恐怖に怯える事態に…シーズン終盤の残り5試合を残した第33節では「清水エスパルス」「湘南ベルマーレ」「徳島ヴォルティス」「大分トリニータ」「ベガルタ仙台」「横浜FC」の6チームが勝ち点で7差でひしめき合う大混戦に😲

第36節で開幕から最下位だった「横浜FC」、そして「大分トリニータ」と「ベガルタ仙台」の降格が決定。3チームの同日での降格決定はJ1史上初の出来事となりました。残り「」枠を懸けた最終戦では「徳島ヴォルティス」が敗れて1シーズンでの降格が決定してしまいました😢

  • 2021年2月26日~7月11日/8月9日~12月4日
  • 20チームによるホーム&アウェイの2回戦(ホーム&アウェイ 計380試合)
  • 1ステージ制
  • 優勝:川崎フロンターレ(2年連続4回目優勝)
  • MVP:レアンドロ・ダミアン(川崎F)
  • 得点王:レアンドロ・ダミアン(川崎F)・前田大然(横浜FM)/23ゴール
  • ベストヤングプレーヤー:荒木遼太郎(鹿島)
  • 最優秀監督:リカルド・ロドリゲス(浦和)
🏆第28回 ゼロックススーパーカップ優勝:川崎フロンターレ(10年ぶり3度目)/準決勝:ガンバ大阪
🏆第29回 ナビスコカップ優勝:名古屋グランパス(初優勝)/準決勝:セレッソ大阪
🏆第101回 天皇杯優勝:浦和レッズ(3シーズンぶり8度目 ※前身時代を含む)/準決勝:大分トリニータ
たもさん。
たもさん。

圧巻の強さの川崎が4度目の優勝🏆

出典:Jリーグ公式チャンネル

大会記録

  • 最多観客試合 30,657人
    2021年12月4日 第38節 横浜FM vs. 川崎F@日産ス
  • 最小観客試合 0人
    2021年5月2日 第12節 C大阪 vs. G大阪@ヤンマー 他 10試合
  • 最多得点試合① 鹿島 5ー3 横浜FM
    2021年5月15日 第14節 @カシマ
  • 最多得点試合② 横浜FC 5ー3 徳島
    2021年10月16日 第32節 @ニッパツ
  • 最多得点試合③ 横浜FM 8ー0 FC東京
    2021年11月6日 第35節 @日産ス

グランパス Jリーグカップ初戴冠

2021年10月30日にさいたまスタジアム2〇〇2で行われた「JリーグYBCルヴァンカップ 決勝」。「マッシモ・フィッカデンティ監督」率いる「名古屋グランパス」がクラブ史上初めてとなるJリーグカップを手にしました🏆

2021JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
2021年10月30日(土) 13:09 KO
名古屋グランパス -0 セレッソ大阪@さいたまスタジアム2〇〇2
名古屋:前田直輝(47分)/稲垣祥(79分)
MVP:稲垣祥(名古屋)
出典:Jリーグ公式チャンネル

劇的な結末となった天皇杯決勝

たもさん。
たもさん。

さすがの槙野 劇的な決勝ゴール

2021年12月19日に「国立競技場」で行われた「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の「浦和レッズ vs. 大分トリニータ」⚽
この試合を最後に10年在籍したチームを退団する「槙野智章」。同点で迎えた後半アディショナルタイムに劇的なゴールを決めて「浦和レッズ」が3大会ぶり8度目の優勝を飾りました🏆

なおこの試合は新型コロナウイルス流行後、国内の主要スポーツイベントでは最多となる「57,785人」を「国立競技場」に集め開催されました。12月12日の準決勝の「川崎フロンターレ vs. 大分トリニータ」の観戦者1人から新型コロナの変異株「オミクロン株」が検出されていましたが、日本サッカー協会は感染対策を徹底して開催にこぎつけました📝

出典:スカパー!サッカー

タイトルとURLをコピーしました